大家さんとのトラブルを未然に回避|現状復帰する状況をリサーチ

作業員

原状回復の範囲とは

空き部屋

どこまで修理すべきか

現状復帰とは住居などから立ち退くときに借主が損傷したものや部分を修復することで、現状回復といわれることもあります。現状復帰は厳密には原状復帰または原状回復と表記するのが正しいのですが、原の字を現とする現状復帰や現状回復も同義語として使われることが少なくないです。そのため特に区別することなく説明していきます。現状復帰する範囲は借りる時の契約で細かく決められている場合がありますが、原則は借りたときから返す時までに借主側が故意または過失で損傷した部分のみの修復のみです。借りたときの状態にまで戻すことは現状復帰とはいいません。経年劣化による傷みや修理・交換しなくても使えるものをあえて調整するときは貸主負担でやるべきことです。具体的には手入れを怠ったために発生した汚れやカビ、落書きやペットのにおいやひっかき傷なとは借主負担で修理するものとして挙げられます。一方、家具の設置跡や畳の変色などの経年劣化による損傷、次の入居者用に整備する修理や清掃などは貸主の負担でされるべきものとなります。よって借主負担ですべき現状復帰の範囲は本来それほど広くはありません。しかし契約時に現状復帰を超えた負担を求めるとされた場合借主の負担が想定以上に重くなります。特約を結ぶこと自体は問題ありませんが、その負担について借主が正しく理解していたかによって特約の有効性が変わることがあります。退去時に争わなくて済むように借主負担の修繕がどこまで求められるかを双方が確認しておくとよいです。

賃貸物件を返す時すること

空室

原状回復とは賃貸物件を返却するさいにもとの状態に戻すことです。原状復帰とも書かれ互いに業界用語の違いとなります。一方で現状回復という言葉も使われますが意味としては原状回復と同じ意味として扱われています。

賃貸物件から退去するとき

工事

賃貸物件から退去する際、借りていた部屋を元の状態に戻してから退去することを現状復帰といいます。現状復帰の責任がある汚れ・傷とリフォームしなくて良い汚れ・傷などがあります。まずはリフォーム業者に見積もりを頼みましょう。

退却時に知っておくこと

作業者

原状回復工事とは、借り主が部屋明け渡すときに、借りたときの最初の状態に戻す工事のことです。トラブルの原因にもなるので、原状回復の義務が発生する場合と知っておくことが大切です。費用は壁紙やフローリングの張替えが高い傾向にあります。費用を抑えるためには、日頃から綺麗に部屋を使うことです。