大家さんとのトラブルを未然に回避|現状復帰する状況をリサーチ

作業者

退却時に知っておくこと

作業者

原状回復の義務

原状回復工事とは、簡単に言うと借り主が部屋の明け渡しの際に借りていた部屋を再び元の状態に回復させることです。この原状回復工事は、建物の退却時に費用や範囲などで、借り主と貸し主の間で考えが異なり、トラブルの原因となっています。原状回復工事の費用の相場と範囲を認識しておくことで、トラブルを回避できます。まず、準備しておく知識として、下記の3つは借り主側に原状回復の義務が発生する場合です。例えば、故意の過失です。タバコで床や畳を焦がす、上の階がうるさいため天井を突いて穴を開けてしまうといった行為が挙げられます。また、手入れや掃除を長い間行わずにできてしまった汚れやカビ、ペットによる柱や壁にできた傷や臭いなどでもあります。そして、通常時の以上の使用での消耗普通に生活していて出てくる経年劣化、家具の設置跡、電気焼けや日焼け、設備の寿命による故障、画鋲の跡などの修繕費は賃料の中に含まれています。一般的にかかる原状回復工事の費用としては、1〜30万ほどです。壁紙やフローリングの張替えは、他のものと比較しても高い傾向にあります。張り替える範囲や部屋の広さにも関係しています。原状回復工事の費用を抑えるためには、日頃から清掃を心がけて綺麗に部屋を使うようにしましょう。湿度が高いとカビが生える可能性が上がるので、換気も大切です。部屋の模様替えや、引っ越しのときも出来るだけ、柱や壁に傷をつけないように気をつけます。また、退去時には複数の業者から見積もりをとってみるのも一つの手でもあります。