大家さんとのトラブルを未然に回避|現状復帰する状況をリサーチ

作業者

賃貸物件から退去するとき

工事

リフォームすべき傷や汚れ

住んでいた賃貸マンションなどから退去する際、借りていた部屋を元の状態に戻してから退去することを現状復帰といいます。通常賃借人が現状復帰の責任を持つのは、「故意の過失や手入れを長期間怠って生じた損耗」「通常想定されていない使い方で生じた損耗」の二つとされています。つまり長年放置したせいで取れなくなった壁や床のシミやタバコのヤニ汚れ、生活する上で故意に開けた床や壁の大きな穴などは現状復帰すべき損耗と言えます。逆に家具の重みで自然にできた床の傷や寿命で壊れた水回りなどの設備に関しては経年劣化とみなすことが多いです。現状復帰の費用は壁紙の張替えが一平方メートルあたり3000円ほど、床の張替えが一平方メートルあたり8000円ほど、大きな穴や汚れの除去は1箇所につき1万円ほどかかったりと決して安くはありません。また設備には耐用年数というものが定められているため、長く住んでいた場合にはリフォーム代金が割引になることもあります。現状復帰にかかる費用は部屋によって大きく違うので、まずはリフォーム業者などに現地調査をしてもらいます。おおよその業者が見積もりは無料で行ってくれるので、なるべく複数の業者に見積もりを依頼して金額を比較しましょう。またマンションの管理人がリフォームを依頼する業者を決めていることもあるので、前もって相談すると良いでしょう。現状復帰の費用を抑えるためには、日頃からこまめに手入れをすることが重要です。賃貸マンションなどから引っ越す時にはぜひ参考にしてみてください。